【公式】銀座で和食素材の美味しさを活かした自慢の逸品 | 入母屋銀座三丁目グラッセなら有楽町個室 入母屋 銀座グラッセ店

お電話でのご予約・お問い合わせ

050-5269-7058

素材の美味しさを活かした自慢の逸品 | 入母屋銀座三丁目グラッセ-【公式】銀座和食-

素材の美味しさを活かした自慢の逸品 | 入母屋銀座三丁目グラッセ

2019.04.3
こんにちは、入母屋 銀座三丁目グラッセ店PR担当です。

 

当店では、日本酒や焼酎など、種類豊富なお酒と相性抜群の創作和食を、多数取りそろえております。

その中から本日は、お客様に人気の売れ筋料理とおすすめの逸品をご案内しましょう。

 

サッと焼いていただく極上霜降り肉




「黒毛和牛の溶岩焼き 2,780円(税込)」には、上質なサシの入った霜降り肉を使用。

表面カリッと、中ジューシーな黒毛和牛をお楽しみいただけます。

和牛そのものの旨みをシンプルに味わっていただける、おすすめの牛肉料理です。

 

豪華な海の幸の絶品コラボレーション




プリップリの大ぶりな車海老に、濃厚かつ風味豊かな雲丹。

そんな単体でも美味しい2種類の海鮮を組み合わせたのが、こちらの「車海老の鬼殻雲丹焼き 1尾 980円(税込)」です。

表面をサッと焼き上げることで香ばしさがプラスされ、より食材本来の香りが引き立ちます。

ぜひ殻付きのままでパクッとお召し上がりください。

 

旬の野菜をたっぷり味わえます




季節の味覚を楽しみたい時は、こちらの「松阪豚と季節野菜の陶板焼き 1,580円(税込)」がおすすめです。

数種類の野菜をたっぷり使用し、ヘルシーな逸品に仕上げました。

脂身の上品な甘みと、赤身部分の旨みが美味しい松阪豚も絶品ですよ。

入母屋銀座グラッセ店が誇る逸品の数々、この機会にぜひご賞味ください。

 

銀座で和食なら入母屋銀座グラッセ店で。

かつては寺社の屋根として用いられていた、重厚で格調高い屋根の建築様式である
「入母屋造り」から名付けられた屋号です。
後にお城や殿舎、豪商や豪農の屋根に使われるようになった、いわばステイタスシンボル。

「入母屋」ではワンクラス上のクラス感を味わっていただけます。
昭和初期のホテルをテーマに、店内はすべて完全個室。

素材にこだわった料理とこだわりの品揃えの焼酎、地酒、
そして上質なサービスでのおもてなしは、
大事なお客様のご接待やご家族のお祝いなどに最適です。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

電話番号:050-5269-7058

以上、入母屋 銀座三丁目グラッセ店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

有楽町個室 入母屋 銀座グラッセ店のご案内-【公式】銀座和食-

店名
有楽町個室 入母屋 銀座グラッセ店
住所
東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ9F
電話番号
050-5269-7058
営業時間
平日
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:30~22:30(L.O.21:45)

土・日・祝
ランチ 11:00~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:15)
定休日
アクセス
地下鉄 銀座駅 C-8出口 徒歩1分
JR 有楽町駅 中央口 徒歩2分
地下鉄 銀座一丁目駅 徒歩5分